SmartBreakoutの導入方法

WS000385

SmartBreakout

販売価格:可変(現在の値段は下に表示されている価格です。)

Buy SmartBreakout Expert Advisor in the store selling algo trading systems

アクティベーション:5台

※MQL5プロダクトの利用可能数はOSに紐つきます。同じPC・VPSなら何台のMT4にインストールしても1アクティベーションカウントです。

返金保証:無し

WS000387
スポンサーリンク

 

①EAを購入

 

1.販売ページの左側の「BUY×××USD」をクリック。

WS000413

 

2.MT4をインストール済みかどうか聞かれるので、「Yes ・・・・」をクリック。自動的にMT4が起動します。

WS000414

普段から複数のMT4ターミナルを運用している場合は、導入したいMT4と別の分が起動することもありますが、同じPC内であればアクティベーションカウントを増やさずに何台でもインストールできるので取りあえず進めます。

 

3.MT4内のEA決済画面に遷移しますので、しばらく待つと下記の画面が表示されます。中央に表示される価格は0だったり、旧価格が表示されたりするので、取りあえず無視してください。(販売ページで最初に表示されていた価格が正しい値段です。)

一覧から任意の決済方法を選びます。※ここではクレジットカードの前提で進めます。

WS000418

 

4.決済情報の入力画面が表示されますので、入力します。(右上のlanguageを日本語に変更すると楽です。)

WS000419

 

5.決済情報の入力に問題がなければ、即座にMT4端末へインストールが行われます。インストール対象端末が1台のみの場合はここで終了です。このEAを別のMT4にもインストールしたい場合は、完了画面中段の「sign up for an MQL5」をクリックします。

WS000420

 

6.下記の画面が開くのでMQL5.community用のログインID及びEmailを入力し、MQL5のアカウントを作成します。登録Emailアドレスにパスワードが届きます。

※既にIDを保有している場合は、EAを購入したMT4でコミュニティにログイン後、ターミナルの下側のタブから「マーケット」→「購入済(Purchased)」→「BUY(Free)」でIDと購入を紐つけることができます。

WS000421

 

7.インストールしたいMT4を開き、上部から「ツール」→「オプション」→「コミュニティ」をクリック。ログイン画面が開くので、先ほど設定したIDとパスワードを入力。

WS000427

 

ログイン後、ターミナルの下側のタブから「マーケット」→「購入済(Purchased)」をクリックすると、下記のようなインストール画面が表示されます。インストールボタンを押せば導入完了です。

WS000425

 

②EAのセットアップ

1.EURUSDの1Hのチャートを開き、ナビゲーター欄にあるSmartBreakoutをチャート上にドラッグ&ドロップします。

※GBPUSDも取引する場合は、同じようにGBPUSD1Hのチャートにセットします。

WS000428

2.パラメータの設定を促されるので、以下のように設定します。

全般タブ

WS000429

パラメータの入力タブ

デフォルト値で問題なく稼働しますので、基本的には変更する必要はありません。内容が明確に分かるものは意味を記載しておきます。

※ちなみに販売者のアカウントを再現する場合は、 Start Trading Hour = 5 、Stop Trading Hour =18にセットして下さい。(FXCCの場合)

  • iTakePrrofit:TP値
  • iStopLoss:SL値
  • SmartStopLevel:Trueでチャートの価格水準に合わせて自動的にSL値を変更します
  • UseTrailing:Trueで利益確定がトレーリングストップになります
  • iTralingStop:トレーリングストップの値幅
  • iTrailingStep:トレーリングストップの見直し幅
  • Lot:固定ロットサイズ
  • InvestMore:TrueでAutoMM機能が稼働します
  • InvestRisk:AutoMMのリスク量。50で100USDあたり0.05ロットで取引します
  • UseBreakEven:Trueで価格が目標値を超えた場合、SL値をブレークイーブン(建値)に変更します
  • breakevenTargetPipsInp:SLをブレークイーブンに変更する目標値
  • Slippage:許容スリッページ量
  • orderComment:EAに載せるコメント
  • maxSpread:リーブオーダーが実行されるスプレッド許容量
  • Start Trading Hour:トレード開始時刻(サーバー時間)
  • Stop Trading Hour:トレード終了時刻(サーバー時間)

※JPY口座ではInvestmore機能をTrueにすると、トレードしない事象が確認されています。この場合は、USD口座で稼働させるか、固定ロットでご使用ください。

3.設定後にMT4上部の自動売買ボタンを押し、チャート右上のにこちゃんマークが笑顔になっていれば稼働成功です。

WS000431

 

ご不明な点がございましたら、お問い合わせページをご利用ください。

スポンサーリンク



エコの輪ファンド.com
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket