シグナル研究1 Forex Signum, Honest Forex Signals.com

44f9368ec6574d9b6415f39ca1c01ad0_s

スポンサーリンク

このブログ「TamikichiのシストレFX」は、海外製EA及び海外FX・関連サービスを中心に扱っているブログです。意図的にそうしている訳ではありませんが、たまたま著者の目につくEAが海外製のEAが多く、ブログでも多く取り上げています。加えて、国内製のEA等は情報が豊富な一方、海外製については日本語での提供者が少ないことも私がフォーカスする理由でもあります。

さて、私の中でのシストレの定義は、「EAを利用した自動トレード」に限らず、「グナル配信を利用した自動トレード」も含んでいます(形態によってはミラートレードソーシャルトレード等と呼ばれることもありますね。)

まぁ、”FXで自動的に資産形成をする方法”という観点では同じ範疇に入れてもよろしいのではないかと。なぜ今使っていないのかと申し上げると、資金量が十分ではなくそこまで手を出していないだけで・・・・とほほ。

bs0I9A116515030107ryoute

 

日本ではシグナル配信には投資顧問業の届けが必要だったりして難しいのですが、海外にはこんなのもあるのか~というサービスが多々あり、複数回に分けて書いていきます。

 

シグナル配信サービスとは?

そもそもシグナル配信とはご存知の通り、ベテランのトレーダーやEAのトレードを全てトレードシグナルとして配信し、ユーザー側で配信元と同じトレードを再現して収益を上げることができます。シグナル配信自体は裁量・自動問わず様々な形態がありますが、ここではMT4を使ったシグナルによる自動トレードに焦点を当てます。

WS000460

こうしたシグナル配信サービスは、上記のように何らかの方法で手数料を支払いトレードシグナルを受けてトレードします。手数料の支払い方法としては、以下の2つのタイプがよくあります。

  • 配信者のIB経由でアカウントを開き、IBフィー(スプレッド)で支払うタイプ
  • アカウント残高とは別に固定で支払うタイプ

■IB(スプレッド)で支払うタイプ

IBフィー(スプレッド)で支払うタイプのメリットは、直接的に追加で支払う手数料が無いことや実際にトレードするロットサイズで実質的な手数料が取られるため、資金量が少なくてもシグナルを利用することが可能です(但し、多くの場合、最低証拠金額が設定されています)。

デメリットは、通常のアカウントよりもマークアップでスプレッドが厚くなってしまう可能性があることに加え、回転率が高いほど配信者は儲かるため、無駄にトレードを重ねる恐れがあります。

■月額固定手数料で支払うタイプ

一方、固定で支払うタイプは、上記のような取引量とは別に固定で支払うので、購読を継続してもらうためには配信者は純粋に利益を上げに行く必要があります。但し、固定手数料方式の場合はおよそ月額20~200ドルぐらいするので、一定程度の証拠金で取引しないと手数料負けしてしまいます。また、勝敗には関係ないので、負けていても手数料を取られてしまうのが難点ですね。

いずれの方式においても、シグナルによる自動トレードを継続するには一定量の資金が必要であり、これが私が安易にシグナルによる運用に手を出せていない理由です。

ただ、高額なEAを一括で購入するのとは違い、月額支払で途中で合わなければすぐ解約できるため、買った後にEAが合わずにお蔵入りになるという事態は防げます。こういった形で色々試しやすいのはシグナル運用のメリットですね。

次項以降はそれぞれ海外のシグナルプロバイダーについて見ていきましょう。

 

MQL5.community

WS000486

まずは定番のメタクォーツ社が運営するMQL5ですね。最近日本語に対応し、見やすくなりました。MQL5は私の記事ですとSmartBreakoutなどEAの販売の他、MT4上で稼働する多くのシグナルを配信しています。シグナル配信のフィーは定額支払いで、大よそ月額20~50ドルと割安な水準です。MQL5シグナルの特徴は、明確にシグナルによるパフォーマンスが確認できることや、パフォーマンスランキングや購読者数などで優秀なシグナルを見つけやすい点にあります。

例えばページを訪問し、右上のソート順から「購読者」を選択すると、トップはこのGio Strategieです。これは右肩上がりにじわじわと成長しているシグナルなのですが、実は無料のシグナルです。

WS000491

シグナル配信がどのように行われるのか興味があるなら、取りあえずこのシグナルをポチッとコピーしてみてはいかがでしょうか。その他に例えばレーティングや成長率などでソートすると、以下のような優秀なシグナルも出てきますので、色々探す楽しみがありますね。

WS000492

 

Forex Signum

WS000495

MyfxbookForex Peace Armyなどでそこそこの評価を得ているシグナルプロバイダーのForex signum。シグナル配信形式はMT4へのコピーEAインストールによるシグナル購読です。シグナル配信手数料は、別払いで1カ月149ユーロから。どうでしょうか?MQL5のシグナル購読料について割安と書いて違和感を覚えた方もいるかと思いますが、このプロバイダーのように購読料に1カ月2万円近くするものもざらにあります。

但し、このForex signumには別途購読する手法があり、プロバイダーの指定するFxGrowHotForexXMなどをプロバイダーのIBリンク経由で開き、一定の証拠金を積めば無料で受信できます。つまり、IBフィーによる支払も可能ということですね。

プランは以下の2種類から。

  • スタンダードプラン:最低証拠金 2,500USD相当
  • VIPプラン:最低証拠金10,000USD相当

■スタンダードプラン・・・月間3000Pips保証

WS000496 WS000497

■VIPプラン・・・月間5,000Pips保証

WS000498 WS000499

以上のように毎日獲得pipsが更新されていますが、これが本当だったら結構良いですね。ドローダウン水準をまともなレベルに保てれば、ですが(販売者の投稿によると、概ねDD水準は10-20%)。

私の方で今試験的に稼働させていましたが、一応このpips自体は一応事実のようです。但し、色んな通貨ペアのポジションを取るためかなり数が多く、リスク管理が重要になります。デフォルトではSLもないので、SLを幅広に設定し、ロット量を絞ってちまちま稼ぐ必要があります。

一定程度の含み損継続的に抱えつつ、じわじわ伸ばしていくタイプなので、レンジ相場であれば比較的楽に稼げますが、一方向に相場が傾くと厳しいかもしれません。イメージとしては、多通貨Long/Short版トラリピを想像すると分かりやすいですかね。

ちなみにFPAのユーザーレビューを新しいものから取り上げると、

  • fahedに同意です。私は大金を失いました。一カ月もせずに2000ユーロが無くなりました。(☆☆★★★ juan, Spain)
  • 私はforex signumでトレードするのが好きです。特に今ならキャッシュバックキャンペーンもやっていますが、こういうサービスで収益に加え、取引コストもカットしてくれるなんて珍しいですね。収益+低コストが1つなんて、あなたは他になにを望みますか?(☆☆☆☆★ Mariusz,Cyprus)
  • 良いサービスだね。価格が249ユーロ(注:VIPプランの別払式の購読手数料)なんて少し高いけど、この数日間でそれ以上に稼いだよ。ありがとう。(☆☆☆☆☆ Mohammed Hasam, Spain)
  • この数カ月間Signumを使ってきましたが、返金に関しては何の問題もありませんでした。今は全ての通貨ペアのシグナルにアクセスできるVIPプランを使用しています。みんなにこのサービスを勧めたいですね。(☆☆☆☆★ Stefan Stanic, Serbia and Montenegro)
  • Forex signumは信頼できる会社だね。この1年ここで取引しているよ。良いシグナルと迅速なサポート、僕が欲しいのはこれだけだね。(☆☆☆☆★ Arvin Kent Lazaga Philippines)

(出所) Forex Peace Army

絶賛コメントも見られる一方、悪いコメントもそこそこあるので、おそらくロット数を上げすぎたのかと思われます。ちなみに同じ会社の別サービスであるMQL BLUEなどのプログラミングサービスなどもmyfxbookの評価スコアは高いので、一応SCAMとかではないです。ただ、あまり良くもないです・・・。

 

Robbie Newton’s Honest Forex Signals.com

WS000494

やたらForex Peace Armyの評価の高いHonest Forex Signals.com。シグナルの配信形式は上記同様Trade Copier EAをMT4にインストールし、自動的に配信元のトレードをコピーします。こちらの会社はForex Signumよりも更に高めの月額177ドルと強気のプライス。月間ターゲットpipsは500-1000pipsとのこと。

しかし、購読者数はかなり多いようで、FPAでもレビュー数はかなりありますが、上記の高いスコアを維持しています。肝心のリアルタイムパフォーマンスは出ていませんが、配信者の集計は以下の通り。

WS000500

こちらも獲得pipsに対するリスク(ドローダウンの水準など)が明示されていないため、何とも言えない所です。月平均はおおよそ500pips前後でしょうか。FPAのレビューを覗いてみると、

  • 直近の4週は104pipsとホームページで宣伝されている月間500-1000pipsの水準にはほど遠いですね。ましてや、下で誰かが書いていたような半年で3,000pipsという水準には、はるかに及ばないですね。ただ、判断を下すには1カ月は短いので、もう少し様子を見てみます。(☆☆★★★ Earl, UK)
  • 2015年の4-5月ごろからこのサービスを購読しているけど、今のところ3,332pips取れているよ。僕2万ドルのアカウントで2ロットでトレーディングしているけど、もう6万ドル以上になっているね。Robbieの手法は、僕が以前使用していたものに比べると、新鮮な空気を深呼吸する感じだよ。彼は大抵の素人トレーダーよりも、利益になるトレードと負けトレードを見分けるのに長けているね。Honet Forex Signals.comが良いトレードを配信し続けてくれることを願っているよ。(☆☆☆☆☆ Ian Adams, USA)
  • 私は過去に色んなサービスを試し不可解な経験をしてきたので、再びシグナルサービスを試すのにはためらいがありましたが、このサービスには満足しています。購読し始めてから少ししか経っていませんが、素晴らしい結果を得ています。最初少し分からない点がありましたが、顧客サービスは非常に良く、応対も迅速だったのが印象的です。何の不満もないですね。このサービスを使い続けたいと思います。おススメですよ!(☆☆☆☆☆ Kathy, USA)

(出所)Forex Peace Army

絶賛のコメントがある一方で、100pips台しか取れなかったというコメントもあります。これも判断が難しいところですね。配信元の中身は人間のようですので、波はあるでしょうが。

WS000501

FPAのハイスコアレビューの他、このように国外の雑誌などでも表彰されているのを見ると、そこそこ期待できそうな気もします。集計されておらずやや古く見にくいですが、トレードログも参考に見ることができます。

WS000502

いちいち、トレードログから集計するのは面倒なのでやっていませんが、このPips水準で月額177ドルをペイできるぐらいの資金量の人なら使う価値があるのかもしれませんね。

 

ForexSignals.com

WS000503

こちらもやたら評価の高いForexSignals.comです。ただ、その評価レビューですが、新しいものでもこの記事執筆時点で半年以上前のものしかなく、古いものが多いです。そのため、FPAの評価も現在の状況を反映しているものではない点に注意です。

シグナルの配信方法は上記同様トレードコピーEAをインストールし、配信者と同様のトレードを実施します。シグナル購読料は月額79ドルから。パフォーマンスはmyfxbookで公開されています。

■Smart2

■SteadyCapture

■Kilimanjaro

パフォーマンスをきちんと公開されている点は評価できますね。但し、Smart2以外はこの購読料相応のパフォーマンスを出せているとは思えません。厳しいかもしれませんが。

話は逸れますが、実はこのForexSignals.comは私はシグナルのことで知るよりも、マネージドアカウントでこのサイトを初めて知りました。myfxbookのシステム→most popularから選ぶと下記のようなランキングが出てきますが、FX viperと書いてあるトレ-ドレコードはこのサイトのMAサービスです。

WS000504

■FX Viper

良いEAを探している中で見つけたこの比較的綺麗なこの上昇曲線を描くFX Viperは、手動のマネージドアカウントサービスです。MAの詳細は他サイト様にお任せしますが、簡単に言うとマネジャーが指定する所定のFXブローカーで口座を開くと、その口座資金をマネジャーが運用してくれます。

口座名義自体は、ユーザーのものなので不正に引き出されることはありません。FXブローカー内でシグナル受信しているようなものですね。昔このFX Viperに興味があり色々調べていたのですが、このマネジャーが指定するFXブローカーはAxi Trader 及びIC Maretsと日本居住者お断りのブローカーで私はクリアできず断念しました。海外居住で、ご興味ある方は使ってみてはいかがでしょうか。

さて、今回はシグナルプロバイダー4社を書いてみましたが、EA以外に自動的に運用するサービスは海外ではまだ沢山あるので、今後も定期的に取り上げたいと思います。

スポンサーリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

5 件のコメント

  • いつも興味深い記事をありがとうございます。大変参考になります。Honest Forex Signalを試してみましたので、結果をご報告します。
    11/24~12/13 トレード総数22、勝ち10、負け12、合計損益36.2pips
    このペースでは年間5000~6000pipsは難しいと考え、試用期間は短いですが解約しました。

    現在は、Forex Signumを試していますが、数日動かしたところ順調そうです。

  • Forex Signumの続報です。結局、使用を停止しました。DD15%、HPのリアルタイム結果が、信頼できないと感じたためです。まあ、これだけ高収益をあげることができるなら、シグナルの販売なんかしてないですよね。

    • こんにちは情報提供ありがとうございます。私だけではなく、他のユーザー様もやはりそのような結果となってしまいましたか。FPAのコメントにも結構フェイクが入っているみたいですね。残念です。

  • はじめまして、シグナル配信に興味を持ったのですが、疑問点が2つあります。

    1.遅延やブローカーの違いで配信者と同じ値でポジションを取れない。
    2.急変時、スプレッド拡大、約定拒否やスリッページの拡大でClose失敗した場合、リトライしない。

    上記ケースが発生した場合、どうなるのでしょう?大ロットスキャルEAでマーケットオーダーでストップが失敗した場合、即MCですよね。

    • こんにちは。シグナルプロバイダーの使用するコピー方式に依るかと思います。
      設定次第ですが、大抵のシグナルCopier EAではスリップや急変で同じ価格での約定が困難な場合は、リトライして成行で
      の執行になるかと思います。シグナル配信では必ず一定のラグが発生するため、特にプロバイダーのトレードスタイルがスキャル系の場合は、
      ラグが大きく影響してくるのでシグナル配信でのトレードはおススメできません。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA