運用状況(2015/10/16-10/23)

f3dd17b6c56930e5089cb00c56fcc728_s

こんにちはTamikichiです。前回の記事気になるMATSU式EAの真偽では、Google検索で情報が得られなかったため、情報共有目的で取り上げてみたのですが、コメントが瞬く間に集まり驚きました。利用者様のコメントを拝見する限り、コミヤツバサ氏がアップロードしているようなパフォーマンスが再現できないらしく、SCAMの可能性が高いようです。

既に購入してしまった方は残念ですが、今現在は「MATSU式EA」や「カリスマEA」で検索すれば前回のページが表示されるようになったので、以後購入される方はいなくなるかと思います。コメント欄にご記入いただきありがとうございました。

さて、ここ最近取り上げた記事がEAによるSCAMに迫る内容ばかりだったのと、アカウントの集約やEAの切り替えで運用の方がややほったらかしになってましたが、再度EA運用を開始し始めました。(入金額なども変更したため、再度計測し直し)

WS000377 WS000378

現在はリスク調整中のため、+0.45%と小幅のプラス。ただ、EA購入代金等を含めると、大赤字ですかね。がっくり。

紆余曲折を経て結局老舗EA中心に回帰してしまいました。何の面白みもなくて恐縮ですが。以前は以下のEAを使用していましたが、全て使用を中止してしまいました。

  • Channel Trader PRO:販売前のフォワードテストが。販売後は長期で見るとEAのパフォーマンスは低下傾向
  • Vortax Trader PRO:同上
  • MFM5:販売者のアカウントと大幅にパフォーマンスが乖離(販売者はマニュアル操作あり、再現が困難と判断)
スポンサーリンク

 

Forex Diamond

Forex Diamondは、以前から使用を続けておりますが大して稼げもせず、かといって大崩れもせず。但し、自分の稼働していた間のパフォーマンスを分析すると、販売者の下記のチャートのようにGBPUSDのみは綺麗な上昇曲線を描いているのを確認。

Forex Diamondの使用戦略を以下のように変更し、継続して使用します。

WS000380

 

Forex Fury

Forex Furyも販売者のアカウントが好調のため使用継続。同じThinkForexアカウントで稼働させると、完全に再現可能です。デモで再現し、トレードコピーで本アカウントにトレードアクションを移して使用しています。

Forex DiamondのGBP運用と同じように使いだして分かったのが、この2つの日本時間朝のエントリータイミングがほぼ同じだったこと。恐らく同じトレードロジックを使用しているようです。Forex DaimondのGBP運用が好調な間は、こちらも使用を続けようと思います。

 

Wallstreet Forex Robot

Forex Dimondを購入した時におまけでついてきた彼。最近のパフォ-マンスはやや足踏みしているものの、通貨ペアを絞ってみると、EUR・GBPは調子が良い。ということでこの2通貨ペアで使用。

WS000382

Forex DiamondとWallstreet Forex RobotはAlpariのデモでトレードするとエントリーなどほぼ販売者アカウントの再現が可能です。そのため、この2つはAlpariデモアカウントで稼働させ、トレードアクションをメインのAxioryに移してトレードしています。ちょっとGBPへの偏りが激しい所はリスク分散の観点でやや微妙ですが。

 

Trade Copierについて

上記に記載の通り、私の運用は全て販売者と同じ業者のデモアカウントを使用し、トレードコピーEAを介してメインアカウントで回しています。全ては販売者の良好なパフォーマンスを再現するためです。

今までTrade Copierについては、購入特典などでの資料に使っていることもあり、何を使用しているかぼかしてきました。知っている人は知っていますが、FX Blue Personal Trade Copierです。

Channel Trader PROなどのSCAMなEAをプロモートしてしまっていたことへの反省と、役立つ情報はやはり皆さんに役立てていただいてこそ価値があると考え直し、資料内容を全て写したページを作成しております。(サイト右側の各種EAの導入方法からも行けます。)

無料にも関わらず、かなり設定を細かくでき便利です。ご自身のトレードにお役立て下さい。

スポンサーリンク


Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA