William MorrisonとSynergy FXの蜜月な関係

ed50c1d760b21c8f5297bd1ff548044b_s

前回の記事 Doug Price EAに隠された不可解な事実で、Doug Priceという販売者のEAのフォワードテストはシミュレーション上のデータではないかという検証を書きました。公開後数々の使用者様から反響のメールをいただき、いかに彼らのEAを使っている人が多いのかと改めて知らされました。

私の方では、彼らの商品のうちChannel Trader PROVortex Trader PROについて既にプロモートしてしまっていたこともあり、関連ページに冒頭の記事へのリンクを張り、注意を促す対応を取っています。

※なぜこの商品の紹介ページを残すのかと言いますと、両商品名で検索すると私のブログのページがある程度上位に表示されるため、完全に関連ページを削除してしまうよりも、敢えて内容を変更せずに残し、商品名で検索してもらった際に私のページを訪れていただいた方が周知させる効果があると考えているためです。

今回のようなフォワードテストの不正の場合、ブローカーとの結託が必要なため難しいのではないか、Doug Price という販売者の使用するSynergy FXは関係ないのではないかという旨の指摘かございました。確たる証拠があるわけではないのですが、これらのEAの販売者や彼らの関係性について海外のユーザー様で検証されている方がいますので、その内容について紹介し、憶測の確度の高さをここで確認したいと思います。

スポンサーリンク

 

EAメーカーWilliam Morrisonとは

私が前回の記事や今回でも、Doug Price氏と呼ばずに”彼らであったり、ただ”販売者と記載している場面がありますが、その理由はDoug Priceという人間は恐らく存在しないからです。開発者の1人としてはいるかもしれませんが、少なくとも我々が普段目にしている人物ではありません。

WS000304

Vortex Trader PROやChannel Trader PROなどのEAを購入したことがある人なら、1度は見たことがあるこの写真。私も少し前まではこの人物が開発、顧客対応をしていると思い込んでおりました。しかし、この写真は偽者です。

この写真はHead Shots NYCという顔写真の取り方について書いているサイトでも下記のように使用されており、恐らくこのサイトから無断引用されているか、彼自身が商用画像用のモデルと考えられます。

WS000305

 

ではそもそもこれらのEAを開発しているのは誰なのかというと、それが冒頭記載したWilliam MorrisonというEAメーカーなのです。Doug Priceは彼らが仕立てた宣伝用の架空の人物です。

昔から海外製のEAを扱っている方はよくご存じですが、このWilliam Morrisonは数々のEAを作り、世に出しています。

WS000306

出典:RedRhinoFX

海外製のEAユーザー様なら名前をよく見るEAが多いのではないでしょうか。これらのEAは全てWilliam Morrisonが開発、販売しています。これらのEAで特に最近のものに多い特徴が、3桁~4桁の収益率をあげ、素晴らしく優秀”に見える”がEA発売後には失速する傾向にあるということです。勿論完全な詐欺などではなく、そこそこの実績を残しているEAもあります。

そして最近発売されたこれらのEAに共通する点が、Synergy FXを採用しているということです。

WS000308

出典:RedRhinoFX

 

Synergy FXだからできる不自然な取引の数々

前回彼らの不自然なフォワードテストの取引レコードについて紹介しましたが、今回は更に別の観点からこの取引レコードの不自然な点を明らかにしたいと思います。

●0スワップ

下記はChannel Trader PROの取引履歴を期間でソートしたものです。一番長い取引では、27日間保有された記録があります。

WS000309

この27日間保有された取引レコードについて、チケットの詳細を確認すると以下のようなデータが表示されます。

WS000310

このデータは”販売前”のフォワードテストなのですが、明らかに不自然な点があります。AUDUSDという高金利通貨のペアにも関わらず、スワップが0。27日間も保有しているにも関わらずです。

 

WS000311

SynergyFXで取引をすれば、通常は画像のようなスワップが発生します。只でさえ、豪州が政策金利を引き下げた今でこの水準ですから、2014年半ばでは更に高いスワップが発生していたはずです。

同様の状態はVortex Trader PROの取引履歴でも確認できます。

WS000313

これは、Vortex Trader PROが運用開始されてから発売される”2~3週間前まで“に期間を限定して、データを抽出したものです。この画像にも不自然な点が確認できます。左側の利子の欄をご覧ください。

これは対象期間における総発生スワップを表していますが、2年近く稼働させていたにも関わらず、スワップが全く発生していないことになっています

Vortex Trader PROは比較的ポジションを短期で決済するEAですが、対象期間には下記のように日跨ぎのポジションは何回も発生しています。まだEURUSDならまだしも、GBPUSDを日跨ぎで保有していてスワップが発生しないことはあり得ません。

WS000314

そしてこれらの0スワップの状態は、例に漏れず発売開始後に解消(スワップが発生)されます。

 

●見えない破綻

99%の勝率と謳われて発売されたChannel Trader PRO。発売された当時はまた凄いEAだなと、喜び勇んで買ったものです。しかし、このChannel Trader PROも実はSwing Trader PRO同様早々に破綻していたのをご存知でしょうか。

WS000315 WS000316

大した含み損も発生せず、綺麗な上昇曲線を描き、最大ドローダウンは24.36%。非常に優秀なEAに見えます。しかし、先ほど一番長い期間でAUDUSDを27日保有していたと書きましたが、なぜChannel Trader PROがこんなにも長期間ポジションを保有していたのでしょうか。それは勝率を上げるために、逆行中も決済せずに保有したからに他なりません。

2014年5月前後にこのLongポジション保有後にAUDUSDがどのような推移を辿ったかというと、ひどく逆行しています。

WS000318

出典:RedRhinoFX

そして、この時の最大ドローダウンはカスタム分析でこの期間に限定すると、なぜか確認することができます。

WS000317

Equity Growth▲148.62%。これの意味するところは、当たり前ですが証拠金残高を含み損が突き抜け0以下になったということです。つまり、このアカウント本当は破綻しているのです。にも関わらず、フォワードテストは続行しています。

なぜこれらの不自然な取引が散見されるのか。それは、このWilliam Morrisonが発売するEAの発売前のフォワードテストがシミュレーター上のデータだからに他なりません。

この事実だけであれば、William Morrisonがただシミュレーション上のデータをSynergy FXの取引としてEAを販売しているだけに過ぎません。問題なのが、こういった指摘をユーザーがMyfxbook上やメールなどで通報してもなしのつぶてであり、公開されているコメントが削除されるというSynergy FXの対応です。

 

杜撰なSynergy FXの対応

これらのWilliam Morrison製 EAのおかしな取引がSynergy FXの名前のもとで行われている旨をユーザーが指摘すると、コメントが削除されてしまいます。仮にSynergy FXがこういった事実に加担していないのであれば、明確にWilliam Morrisonを締め出すはずですし、コメントの削除も行わず、公開掲示板上で普通に対応すれば良いのです。

WS000319

出典:RedRhinoFX

ちなみに、Synergy FXはブローカーレビューでも、ネガティブなコメントを削除しています。

WS000320

出典:RedRhinoFX

 

これらの対応には、Myfxbookが加担しているというよりもSynergy FXからの抗議で行っているものと思われます。FPAでも同様にユーザーがネガティブな評価を残している事に対して、Synergy FXから法的な抗議があったと記載されています。

WS000321

-update 2015/11/23-

Synergy FXは他のユーザーのブログなどでも同じように指摘されており、通報のメールを送らているものの一切無視しているようです。 (JLTrader 氏のブログ

下記の画像のようにSynergy FXのプロモーションには、Doug PriceのRev Trader PROが提供されているようです。ますます彼らの繋がりの確度が高くなってきました。

WS000524

(出所)JLTrader

これらを見て、それでもWilliam MorrisonとSynergy FXが関係していないと断言できるのでしょうか。少なくとも私はもうこの販売者のものは購入できません。残念ながら何一つ信用できる材料が見つからなかったからです。

この記事を見てどう判断されるかは、ユーザーの皆様にお任せいたします。

※この記事はRedRhinoFX(http://redrhinofx.com/)及びMyfxbookに記載されていた内容をもとに日本のユーザー用に加筆・修正したものです。

スポンサーリンク



 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

13 件のコメント

  • 続編も読ませて頂きました。
    益々酷い話ですね。
    不思議なのは、Synergy Fxが加担したと仮定して、彼らのメリットってなんなのでしょう?
    確か、ASICブローカーですよね?
    いくらかの口座からの収入得られるでしょうが、営業停止や許認可取消リスクを考えると割に合わないと思うのです。
    別にカタを持つ訳じゃ無いですけど…。

    被害者がこれ以上増えないと良いですね。
    機会がありましたら、当方のブログ内でも記事引用させて頂いて宜しいでしょうか?
    元々商用EAには否定的なブログです。

    • こんにちは182cm様
      口座収入もそうですが、おそらくEAの販売益なども一定程度Synergy FXにキックバックされているのではないでしょうか。全世界でかなり多くの人が購入しているので、それなりの金額になっていると思います。また、記事冒頭でも記載したように彼らの繋がりには確たる証拠がありませんので、厳しいASIC監督下にあってもなかなか明るみに出ない気がします。まあ、これら対応やFPAでのユーザーコメントを見る限り、筋の良い輩ではないという事実だけは間違いないです。
      引用はご自由にどうぞ。一人でも多くの人に知っていたただいた方が良いです。

  • 記事を拝見させて頂きました。
    ちょうど2週間前に貴サイト経由でchannelTraderProを購入し開始早々にSLに引っ掛かりました。
    記事がもう少し早く出てくればなぁ〜っと残念な思いをしましたが、すごく分析されていると感心しました。
    通常、購入するする際はフォワードテストを信頼してしまうので、フォワードが正しいかまでは、なかなか考えが及びません。今後は、フォワードが妥当かも見ていった方が良いという事を学びました。
    ※EAは、返金可能期間ですが、英語がからっきしなので勉強代になりそうです。

    • タイミング悪くすいません。私もChannel Trader PROの2回目のドローダウンがあるまでは全く疑いもしなかったので・・・。
      ちなみに返金手続きですが、ネット上で完結するはずなので、もしEAが不要なのであれば是非リクエストすることをおススメします。購入時にOrder Reminderというメールが来ませんでしたか?文章中段に下記のような記載とリンクがあります。
      ClickBetter offers a 60 Day Money Back Guarantee on all products. If for some reason you are not satisfied with your purchase your can request a refund via
      ここからリクエストできますので、ぜひやってみてください。お金がもったいないですよ!

      • Tamikichi様

        お返事ありがとうございます。
        リンクありました。60日の期限まで1ケ月以上あるので、ちょっと様子を見てから実施します。
        今回のSL以降取引が無いので、vpsを確認したところ、
        IDが無効化(アクティベーションがされていない状況)になっていました。購入時の時と同じく、サイトで認証したところMT4側で直ぐにコピートレードのリンクが張られました(再アクティベーション時もIDは変わらないのですね)。不可解な動きです。

        • Tamikichi様

          お世話になります。SLを設定して様子を見ようと思ったのですが、返金受付期間中に200Pipsを取り戻す事も不可能なため、本日諦めて返金手続きをしました。アドバイス頂きありがとうござました。
          ※今月の新規openは2件(11.2Pips)ですし、到底及ばないし、損失が拡大しそうなので。

          購入代金以上の損失が発生しましたが、いい勉強になりました。
          また、機会がありましたら、どうぞよろしくお願い致します。

  • こんにちは。いつも深い考察に感服しながら拝見しています。
    ドキュメンタリー映画さながらの衝撃を受けました。
    Vortex、 Channelともに利用しスタメンと信じて疑わなかっただけにショックです。。

    フォワードの結果が参考にはならないことが分かり、気持ちの面で使い続けるのを悩むところではありますが、他のEAと比較しても実績は出ている方なので、ロットを下げるなり、カスタムSLを使うなりして運用続けようと思っています。

    ただ、TC版だとバックテストもできないのでカスタムSL TPを検討できないのもツライところです。。
    何か良い方法はないでしょうか…

    • こんにちは。はんと様。
      そうですね。私も同じく両EAはスタメンだっただけに、資金の持っていき先に少々悩み中です。おっしゃるとおり、今々はまだそこそこのパフォーマンスを保っていますが、唯一ましだったVortexもまたもや大きいDDを起こし、Doug PriceのEAはほぼ総崩れです。

      しかも、中長期的にはダウントレンドのパフォーマンスを描く彼のEAはあまり長期間使用できないでしょう。新しい持っていき先も同時に検討されることをお勧めします。データの件についても、フォワードが信用できるものでない以上、どうしようもないですね・・・。

  • tamikichiさんの警告のおかげで
    本日のVortex trader proのSLx2を回避することができました。

    パフォーマンスはまだ信じたいところですが、信用たり得る根拠がない以上、お蔵入りです。

    本当に助かりました。

    • こんにちは。J様。
      唯一”まだ”、ましなパフォーマンスだったVortexもついに逝ってしましましたね。MyfxbookでもDoug Priceに対して海外ユーザーから総スカンの様相です。
      VTPもCTPも確かに勝率は高いのですが、このようなドカンがこれからもそこそこ出てくることが想定されるため、あまり効率的な資金運用にはならないでしょう。

  • 警告の掲示感謝します!
    モヤモヤしていましたが、今回の検証記事で納得して本日止めました 原資がマイナスになってもエラーとかににならないですね〜 ショックです

  • (前回の記事にもコメントしましたが、一応こちらにも同じものを載せておきます。)

    業者と結託してフォワード結果を改ざんするのはあまりに悪質ですね。
    60日以内に購入した方は全員返金申請し、解約したほうがよいかと思います。

    現在進行で行われている本当のフォワードテストで、今後いい結果がでるならもう一度買い直せばいいことですので。

    返金手順についてまとめたので、載せておきます。

    【返金保証手順まとめ】

    1、こちらのURLにアクセス
    https://clickbetter.com/orderlookup.php

    2、上の3つの入力欄に以下を入力

    ・OrderIDにご自身の注文番号
    ・ProductIDに商品番号(ChannelTraderPROの場合は1731089275)
    ・EmailAddressに購入時のメールアドレス

    3、LOOK UP をクリック

    4、Request Refund の Click Here をクリック

    • TK様

      キャンセル方法を丁寧にご記載いただきありがとうございます。
      私自身では60日経過しており、書けませんでした。助かります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA