ブローカー研究2 Myfx Markets

WS000163

ブローカー研究の第2回目はMyfx Marketsを取り上げたいと思います。Myfx Marketsは前回のブローカー研究で取り上げたAxiory 同様、2013年創業と比較的新しくできたニュージーランドのブローカーで、Myfx MarketsはオーストラリアのトップシェアFXブローカーであるAxiTraderの子会社になります。

MyFxMarkets

 

海外のFX会社では、日本のFX会社とは異なり、単一の会社でグローバルにサービスを行っているのが一般的です。しかし、AxiTraderの場合は、日本とオーストラリア当局の対応によって日本人顧客にサービスを提供できなくなったこともあり、ホワイトラベルとしてわざわざニュージーランドに別会社のMyfx Marketsを設立したと言われています。

そのため、AxiTraderとMyfx Marketsはあらゆる点で似ており、昔からAxiTraderを愛用していた日本人顧客はこぞってMyfx Marketsを利用しているようです。

そんなMyfx Marketsについて、ユーザーとしての使用感や日本、海外ユーザーの評判についてまとめてみました。

スポンサーリンク

 

 

■信託保全導入。追証は実質的にはないが・・・

WS000168

海外のFX会社を選ぶ際にユーザーとして気になるのが、資金の安全性です。ただでさえ、海外という日本の法律が通じない所の業者ですから、こういった点は非常に気になります。

Myfx Marketsの場合、下記画像のように明確に信託保全で分別管理されているため、倒産しても預入資金は別途保全されており、債権者に顧客資金が渡ることはありません。

Myfx 信託保全

 「on trust」 = 信託保全です。 

Myfx MarketsのIBで有名なMyfx Marketsについて詳しすぎるブログさんによると、実際に担当に聞いたベースでは預入金額+利益額まで保証されるようです。但し、これはあくまでも聴取ベースです。実際の倒産時の係争では、どのように顧客に対して説明していたかという点を問われた時に、顧客に対して明示されているのは上記の一文であり、預入額もしくは預入額 + 利益額いずれにも解釈することは可能ですので、大きく儲かったら出金するといった形で自衛を基本としましょう。

もう一つの気になる点は、追証の有無。Myfx Marketsは公式的には追証はありです。 但し、マイナス残高でも入金前に担当に連絡し、交渉後に入金といったステップを踏むことで入金金額をそのままアカウントに反映(=実質追証ゼロ)させることが可能です。

この実質ゼロという表現には気をつける必要があります。私が「追証なし」を必要とする時とは、スイスフランショックの時のように1日で数百万円のようなマイナス残高が生じてしまった時です。こういった緊急事態が今後起きた時に、公式的には追証ありとしているブローカーがゼロカットしてくれるかどうか。その点を頭の隅に入れてこのブローカーを利用しましょう。

 

■ECNスタイルでスプレッドは◎

特にスキャルピング系のEAを使用している際には気になる項目です。こういうものは論より証拠ということで、実際に私が使用しているブローカーのクォートをある一時点で同時に比較してみました。左からXM、FXDD、FXPRo、Myfx Markets、Axioryです。WS000169

MyfxMarketsは前評判通り、かなりシャープなスプレッドを提示しています。実際に順位1から5位までのスプレッド力を5点満点でスコアリング(同順位は同点数)し、並べてみたのがこちらです。

WS000170

ご覧になれば分かる通り、MyfxMarketsとAxiroyが拮抗しており、他を引き離しています。両社ともECNを謳っており、Myfx Marketsも16社もの大手どころのカバー先をHPに明確に提示している点を見ると、それなりにスプレッド力は自信があるようです。

ちなみに、これは一時点に過ぎないのであくまでも”参考”としていただきたいのですが、何度か計測した結果は概ねこの結果と整合的なものでした。

 

■入手金処理は迅速。但し、手数料が高い

WS000175

私はかなりせっかちな方で、入出金の対応が遅いブローカーは嫌いです。Myfx Marketsを利用していて入出金に関する良い点は入出金の反映の早さでしょう。特に突然今すぐトレードを行いたいといった時に入金処理に1~2営業日かかるようでは話になりません。しかし、Myfx Marketsの場合は、入金処理が早い時ではほぼ即時で反映するため、せっかちな人にはありがたいです。

一方Myfx Marketsの弱点は、入出金手段の少なさと手数料です。設立間もないため、Neteller・Skrill・PayPal等のオンライン資金決済サービスは使用できません。また、国内銀行送金も対応していません。海外のブローカーですから、安易にクレジットカード情報を晒したくないという方には、使いづらいです。

例えクレジットカードの利用が問題なくても、2回目以降は手数料がチャージされます。こまめに益出し・出金処理をされる方には痛いですね。Myfx Marketsを利用する場合は、あまり頻繁に資金を移動させないことを前提に運用計画を立てましょう。

 

■使い勝手はそこそこ。評判に関しては、スプレッドの広がりを指摘する声も

Myfx Marketsの使用感について確認してみます。対日本人相手の商売としては、日本語デスクを置いており、問題があった際には日本語でサポートが受けられます。ちなみに、メールアドレスの変更や、入出金、身分証明書類の承認などのレスポンスは比較早い方でした。いずも1~2営業日以内に完了しています。

マイページも下記の通り日本語対応されているため、利用する上での最低限必要なインフラは整っています。

WS000176 k

しかしながら、公式HPの記載は英語及び中国語での記載しかないため、英語が苦手な場合は内容を確認するのに手間を要します。そういった点は不便かもしれません。

国内外の他のユーザーの評判を見てみると、ほぼ日本人の感想ぐらいしかありません。笑 海外では無名のようです。各所の掲示板の書き込みをまとめると、

・スプレッドが狭くて良い。

・結構金額が大きかったが、出金が早い。

・マイナー通貨ペアで特に週末や指標発表時などに急激にスプレッドが広がる。勝ちすぎるとそうなる傾向が強い。

・サーバーがやや不安定。

・ライブチャットが機能しておらず、反応が遅い。

・対応が丁寧。日本円で入金できない点が少し不便

・スワップが熱い

参考:FPA、2ch、myfxbook、その他サイト様

などでした。不満点は概ねサポート体制やスプレッドの急激な広がりを指摘する声が多かったです。一方のメリットは、平常時のスプレッドの狭さを押す声が圧倒的に多かったような気がします。

意外だったのがスワップ。本当にそうなのか、スワップの大きいオセアニア通貨で確認してみましたが、そんなことはありませんでした。スワップ派の方が敢えてMyfx Marketsを選ぶ理由はないみたいですね。

WS000027

 

■スプレッド重視ならOKだが・・・

創設から浅いこともあり、特に入出金経路やサービス面ではまだ改善の余地が多いです。タイトスプレッドではありますが、状況によっては大きく広がることもあり、そういった状況を見極めて利用することができる中級者以上で、特にスプレッドを重視する方には使えるブローカーではないでしょうか。

しかし、最近になってニュージーランドの金融当局に事業者登録を取り消されたことが分かっています。FSPR) サービスが良くても、登録を取り消されるような業者にお金を預けるのは、一般的にはリスクの高い行為と言えます。あくまで一般的には、ですが。

こういう事が少しでも気になる方は、今後新しく口座を開くことを避ける方が無難でしょう。

※追記 2015/9/11  

ちなみに、現在はニュージーランドからモーリシャスに登録国を変更されており、営業については変わりなく行われています。今現在も使用していますが、ユーザーとしての使い勝手等には何ら問題はございません。

 

WS000038

スポンサーリンク
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

5 件のコメント

  • ライセンス取り消し、住所偽造をしているとの情報が入ってきたのですが、どのようにお考えてすか?

    • >ぐらわん様
      こんにちは。私も最近その旨を聞きました。この記事を書いた後に・・・笑
      個人的には、海外のFX会社を利用する以上常につきまとう問題ですので、特に驚いてはいません。海外のFX会社がよく事業登録を行っているベリーズ、キプロスなどの国々の金融当局及び諸規制は、初めからそもそも信用に足るレベルにあると思っていませんので、ライセンスの有無自体はそこまで重視していません。Myfx Marketsの登録していたNZのFSPも元々緩い登録基準だったのが、最近になって規制や基準を強化し始め、取り消されたのではないかと思います。
      住所についても、そういった国々で金融事業者として登録するために、住所にレンタルオフィスやバーチャルオフィス等を登録をしているのが大半でしょう。
      私がそれよりも重視するのは、その事業者のサービスを利用する上での実害の有無です。2chやMyfxBook、FPA、その他reviewサイトなどにはしばしば目を通し、出金拒否やクォートの操作などを行っていないかは必ず確認するようにしています。そういった実害が散見されるようになれば、明確に使用すべきではないでしょう。
      但し、一般的には、今回の事象はFX詐欺を避けるための判断要因の1つにはなります。これから新規に利用を検討している方がいるのであれば、積極的に口座を開設すべき対象ではないでしょうね。(記事も修正しておきます。)

      • 私も半年ほどmyfxを使っているので残念です。tamikichiさんの言う通り今後実害等などが出てくるのであれば、口座変更すると思います。ありがとうございました。

        • 私もmyfxmarket使ってて非常に満足してたのですがライセンス取消を2chで知って出金しようと思ってます。exnessがまた使えるようになってるのですが新規に日本人の口座は開設できないようです。前に作った口座で取引はできるんですが大丈夫でしょうか?

          • >nuanda様
            こんにちは。Myfx Marketsのライセンス取り消しで、nuanda様のようにかなり多くの日本人から出金のリクエストが届いているでしょうね。記事にも書いた通り、海外ではあまり人気ではないようなので、この出金ラッシュが彼らの経営に何らかの影響を与えそうな気がします。
            代替先としてexnessを検討されているのでしょうか?exnessのレバレッジの高さなどは魅力ですが、ご指摘の通りかなり強い書きぶりで日本人へのサービスを拒否されています。(https://www.exness.com/access_denied_jp/)この書きぶりから推察するに、exnessで今後運用されたとしても社内規則違反ということで、いつサービス提供を打ち切られるか分かりませんし、違反状態での利用ということで最悪利益没収なんてことも想定しておいた方がよいかもしれませんね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA