ギリシャ債務問題の次は?

fd9ede50c7fef4994de72253625d54fb_m
data

チプラス首相が屈服 - ギリシャのユーロ残留のため要求に合意

出所:Bloomberg   http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NRF3HK6K50XT01.html

昨日、長時間に渡る首脳会談の末、ギリシャがEU債権国団と緊縮案の受け入れと金融支援の延長で合意に至りました。合意のニュースが報じられた瞬間、手元の為替チャートが大きく円安ドル高に推移し、何事!?と状況を把握するまでに時間を要しました。

これで一先ず安心と思いきや、そういえばチプラス首相って何のために国民投票を行ったんでしょうかね?つい2、3週間ほど前に国民投票をいきなりぶち上げてマーケットを散々混乱させたかと思いきや、結局緊縮策受け入れ。 中も外も立てる、なかなかの策士ですね彼は。

さすが過去150年間の間に最年少の40歳にして首相になり、ギリシャではその若さと歯に衣着せぬ物言いで人気のカリスマです。 昨日のその後の為替相場を見ると、急激に円安・ユーロ安に推移しています。

市場は一端欧州情勢は楽観モードに入り、メインのアメリカの利上げという次の材料を織り込みにいっているのでしょうか。 最近の相場はギリシャ一色でしたが、今週は何気にここからイエレンFRB議長や黒田日銀総裁、ドラギECB総裁の会見・講演が控える中銀ウィークです。せっかくギリシャが落ち着いたんですから、しばらくは何の波乱も起きないことを期待しています。 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA